第4回「おうちdeタパス」開催!

1月15日(火)、エンクロス1Fキッチンスペースにて第4回「おうちdeタパス」料理教室が開催されました!
料理を教えてくれたのは、エンシティ延岡の総料理長を務められている冨永 淳一シェフ。メニューは、柚木町の静かな環境で、EM菌を使って飼育された「延岡よっとん」を使った「延岡よっとんのラタトゥイユ入りミートローフ」でした。
生産者である(株)吉玉畜産の吉玉 千代子さんから、豚の飼育にかける熱い想いやストーリー等をお話しいただきましたし、お料理づくりにもご参加いただきました。本当にありがとうございます。
冨永シェフは、幼いころから自分で料理を作るのが好きで、中高生の頃に作った料理を先生に褒められたことが嬉しくて料理の道に進まれたそうです。料理の腕はもちろん、気さくなトークで場を和ませてくれる等、『食を通して生産者や地域の方との交流を大切にしたい』というシェフの人柄が出ていて楽しい料理教室になりました。

<レシピに載っていないポイント公開!>
・ラタトゥイユを煮込む際に、粉チーズ少々を入れると味に深みが出るそうです。
・オーブンで焼くときには、アルミホイルの巻き終わりを上にして焼くことで、肉汁が流れ出るのを防ぐことができ、よりジューシーでおいしく仕上がるそうです。

延岡よっとんについて


成長促進剤などの薬剤を抜いたエサにEM菌※を混ぜたものを子豚のころから与え、更にEM菌を寝床に敷くことで、豚の腸内環境や農場全体の微生物環境を整えているため、健康に育ちます。薬に頼らず育てるため、一般的なものより1ケ月半ほど飼育期間が長くなりますが、その分、豚肉特有の臭みがないジューシーで柔らかい肉質になります。
【※EM菌・・・乳酸菌や酵母菌等の人にとって有効な善玉菌】

生産者について


㈱吉玉畜産
柚木町で養豚及び精肉の販売等を行なっています。「延岡よっとん」でみんなを笑顔にする!皆様の食卓までを考え体に良いものをお届けしたいと安心・安全な飼育を心がけ手間と時間、愛情を込めて大切に育てています。食べた方が笑顔になるよう、これからもおいしさと安心安全を追及していきます。

料理人について


エンシティホテル延岡 総料理長 冨永 淳一さん
幼少の頃から料理をするのが好きで、中高生の頃に料理を先生に褒められたことが嬉しくて今でも思い出に残っています。私の実家も農家ですが、生産者の方がいるからこの仕事をさせてもらえていると思います。食を通して生産者の方、地域の方と交流を深めておいしい料理を提供していきたいと思います。