第2回「おうちdeタパス」開催!

11月14日(水)、エンクロス1Fキッチンスペースにて第2回「おうちdeタパス」料理教室が開催されました!
浦城の大型定置網漁業で獲れた天然の新鮮なチダイ(血鯛)を使った「青菜と白身魚の翡翠ワンタン」を教えてくれたのは、中国酒菜 杉山の杉山シェフ。
チダイを提供していただいた延岡水産開発(株)の岩切専務取締役も参加し、魚の鮮度を保つ〆方へのこだわりや延岡の食材の素晴らしさ等を語っていただきました。
途中、参加者全員でワンタン包みに挑戦!杉山シェフが上手に包むコツを教えながら、たくさんのワンタンが出来上がりました。最後に皆さんで試食。チダイの上品な身質と香りが口の中一杯に広がります。さっぱりとした中に旨味があり、何個でも食べられそうなワンタンでした。酢醤油でシンプルに食べるのもおいしいですし、杉山さん特製のラー油をつけても大変美味でした!!一緒に来ていたお子様も美味しそうに何個も食べていました。やはり、おいしい料理を食べると皆さん笑顔になりますね!


チダイについて

味も見た目も真鯛に似ているチダイ(血鯛)は、タイ科の魚で真っ赤なエラの後縁が特徴です。身質が少し水っぽいため、火を通すとより美味しくなる魚です。成長しても40㎝程度のため、結婚式の料理などで重宝されています。延岡では10月~12月頃の漁獲が多い魚です。

生産者について

延岡水産開発(株)【浦城町】専務取締役 岩切 秀徳さん
浦城地区で大型定置網漁業を営んでいます。
主にブリ、タイ、タチウオ、ミズイカ等を漁獲しており、魚の品質を大きく左右する〆方にこだわりを持ち「手を抜くな!血を抜け!!」をモットーに鮮度抜群のおいしい魚をお届けします。

料理人について

中国酒菜 杉山 杉山 福徳さん
「色香味倶全」“眺めて美しく、芳香に満ちた味は天下一品”この言葉がずっと心に残っていて「お店を開いたときにはこの言葉を掲げよう」と思い修行してきました。この世界に入り25年、2018年12月には開業4周年を迎えます。これからも延岡の旬を活かせるメニューを提供していきたいと思っています。